オイル美容とは

| 未分類 |

海05

 

オイル美容は、フェイスケアのみならずボディケア、ハンドケア、ネイルケア、ヘアケアなどマルチに使えます。

 

オイルが優れているのは肌によくなじむことです。成分的に人間の皮脂組成に似ているものも多く、保湿や肌の皮脂バランスを整える作用があります。またオイルは細胞の隅々まで浸透します。なので、溶け込んだ美容成分を肌の角質層まで届けてくれます。オイルには抗酸化物質や必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなど栄養素を含む有効成分がたっぷりです。オイル美容には、うるおいを閉じ込めて肌を外的刺激から守ってくれる作用があります。オイル美容の歴史は紀元前3000年頃です。古代エジプトの高貴な人々が、肌を保護するために香油を使用していたことが、そのはじまりです。その後、10世紀頃にアラビアの学者が精油の蒸留法を確立しました。こうしてオイルはスキンケアや薬として世界中に広まったのです。

 

またオイルの一つである馬油の歴史は5~6世紀頃と言われています。馬油は中国で古くから用いられています。その効果は育毛、美髪効果だけではなく、肌荒れの治療やシミ・そばかすの除去などに有効です。クレオパトラも美容オイルとしてオリーブオイルを愛用したともいわれています。